生活習慣病を減らし、やりたいこと出来る!!元RIZAPのトレーナーが、本気であなたに伝えたいこと

今のあなたを変えるのはあなた自身。しかし、あなたの外側からの刺激は必須です。RIZAPの元No.1トレーナーが、そんな刺激を提供できるブログを目指しています。主に健康の事、そして目標・習慣についての事を書いていきます。

痩せたいなら、正しく食べて!(食事の戻し方、食事の考え方)

今日は食事の質問をされたので、少しここでもシェアしておきます。

その方は一緒に炭水化物を制限してきたんですが、

 

 

○食事をいつ戻せばいいか分からない

 

 

 

とのことでしたので、それを書いておきます(*^_^*)

 

ここから下は、『炭水化物(糖質)の知識』を少し書いておきます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~

断わっておきますが、

炭水化物(糖質)=悪

 

ではありません。

筋肉や脳の栄養になったりするので、一概に悪いものではありません。

 

 

一番大事なことは、

 

『何を食べ過ぎているのか』

 

 

 

です。

 

体重に悩む人の多くは、三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)のどれか、

もしくは複数を

 

『自分の身体が必要な量』

 

 

より、食べ過ぎちゃってるわけですね。

(=カロリーオーバー)

 

 

なんで、ダイエットの本質としては、

 

『ちゃんとあなたの身体に合ったものを、あった量だけ食べようよ』

 

ってことなんです。

 

でも、『炭水化物0』の方が分かりやすいし、インパクトあるから流行っちゃったりするんですが・・・

(僕も早く結果を求めている人は、おススメすることもあります)

 

 

糖質過多になると、肝臓を糖質が通過し、血液中に放出されます。

これ、いわゆる

 

『血糖値が上がった状態』

ですね(*^_^*)

 

血糖値が上がると、『インスリン』というホルモンが出て、正常値まで下げようとしてくれます。

しかし!

このインスリンが脂肪の分解を妨げてしまう

 

んですね。

 

 

『だから』

糖質は多すぎると困るし

血糖値は緩やかな動きの方が良い

ってことです。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ここまで読んでみて、何となくでも分かりましたか??

分かった方は・・・

やりますね~(^_-)

 

 

ポイントは

 

 

○一気にたくさん食べすぎない

○血糖値の上昇を抑えてあげればいい

 

 

 

ってことです!

 

あんまり気をつけすぎると、

『どうでもよくなっちゃう』

人が多くなってしまいます。

(決断の量が多いと、脳が疲弊してしまうから)

 

 

それよりも大事なことがあって、、、

 

『体重を、必ず測る習慣をつけること』

です。

ぶっちゃけて、プロのアスリートとかだと別ですが、

ほとんどの方は

 

 

○見た目

○体重

○健康上の数値(血圧やコレステロール値、血糖値など)

 

が変わらない。

それってリバウンドしてないですよね。

 

います?

『やべっ、最近大腿四頭筋のパフォーマンスがちょっと落ちてきてる気がする!』

みたいに思う人・・・笑

 

 

いや、居たら居たで良いと思うんだけど、大多数の人はそうじゃなくないですか??笑

 

 

 

なんで、体重が増える=なんか原因がある

 

ん、そういえば何日か前に○○と○○食べ過ぎたかな・・・

今週は気を付けようかな←ここがポイント!!

 

 

 

詳しい食材や、筋トレをどのくらいの頻度でやってるか、あとは今の体脂肪率とか、、、

書き出したらキリがないですからね笑

 

 

 

ちなみに、

 

 

『どんな感じで戻した方が良いのか??』

 

 

これは一回自分で考えてもらいます。

おおまかに説明すると今までの説明で良いですが、

自分自身で

 

 

『今の自分の身体に、なんでその食事をしようと思うのか』

 

をちょっとでも良いので考えてくれないと、

 

 

『自分の身体に興味ない』

 

 

 

って、自分で言ってるようなもんですからね。。。

そうなると、これからの自分の身体は・・・(T_T)

 

 

 

もちろん、背景にある知識はきちんとお伝えしています。

 

 

リバウンドしない=自分を大切に出来る

 

 

ってことで、日々少しずつ自分を大切にしていきましょう(^^ゞ